アフィリエイトで稼ぐならターゲットは初心者に絞ろう【メリットを解説します】

アフィリエイトで稼ぐならターゲットは初心者に絞ろう【メリットを解説します】
Pocket

アフィリエイトで稼ぐためにはターゲットを初心者に絞っていくのが一番効率的です。

なぜなら、自分の知らないジャンルであれば、他人の意見を素直に聞き入れやすいからです。

商品やサービスを効果的に訴求していくために、今回は初心者をターゲットにするメリットを解説します。

アフィリエイトは初心者に役立つ内容を

アフィリエイトは初心者に役立つ内容を

何らかの情報を提供しようとしたとき、訴求相手となるのは以下の2パターンだけです。

  • 初心者
  • 経験者(または知識がある人)

例えば、英会話をテーマにしたサイトを作る場合、相手が初心者であれば「おすすめの教材」や「英会話の基礎文法」など、これから英会話を始めたい方に向けて基本的な内容をサイトにまとめることになります。

一方で、情報発信の対象が経験者である場合、「ネイティブが使うスラング」や「パラフレーズのバリエーション」、「応用テクニック」といったやや難解な知識を織り交ぜたサイトでなければ役に立ちません。

これからサイト運営を始めようとしている方にとってどちらが作りやすいかというと、圧倒的に初心者向けのサイトです。

さほど高度なテクニックを披露する必要はありませんし、サイト作成のハードルもグッと下がるはずですよ。

(難しいと思われたら逆に離脱されてしまうという難点もありますが・・・)

自分自身が英会話の初心者だったとしても、同レベルの人たちに対してなら初心者の気持ちが分かるため、専門知識を持った人よりも初心者に寄り添ったサイトを作れる可能性があります。

アフィリエイトで初心者に絞るメリット

アフィリエイトで初心者に絞るメリット

アフィリエイトでターゲットを初心者に絞るメリットは以下の通り。

  • どんな分野でも初心者が多い
  • つまり市場が大きい
  • よって成果に結びつきやすい

アフィリエイトは一般消費者を相手にするビジネスですが、どのようなジャンルでも最も母数が多いのが初心者層です。

つまり、それだけ大きな市場を相手にできるというわけです。

読者数が多いほど検索エンジンからアクセスを集めやすいですし、読者が多ければそれだけ成約する確率も上がります。

そして、どんな分野でも初心者層は簡単には減りませんので、一度結果が出やすいサイトを作れれば長期的に利益を得ていくことが可能です。

さらに、初心者層をターゲットにする大きなメリットが、成果に結びつきやすいという点も挙げられます。

経験がある人は自分なりのこだわりや経験値があるので、「これがおすすめですよ」と言われてもなかなか素直に受け入れてくれません。

一方で初心者であれば、

  • 知識がない
  • 他人の意見を参考にしたい
  • 良いものを勧めてほしい

という人が多く、他人の意見をもとにして商品やサービスを選ぶという傾向が強いです。

つまり、サイトの中で初心者向けに商品を紹介すれば、素直に成約してくれる確率が高くなり、ビジネス目線で見た場合「稼ぎの効率」が圧倒的に良くなるというわけです。

初心者相手でも稼ぐには中身が大切ですよ

初心者相手でも稼ぐには中身が大切ですよ

アフィリエイトで初心者目線で文章を書くことは大切ですが、あまりにも内容に乏しい情報や、見れば分かる公式サイトのリライトといった独自性がないコンテンツには見向きもされません。

初心者とはいえど、以前に比べてネットリテラシーが身についた人が増えています。

つまり、怪しいサイトかそうでないかを見分ける知識や感覚は、この情報社会ですから最低限身についていると考えておくべきでしょう。

意味のない情報やコンテンツ自体が意味不明では見てもらうことすらできません。

最終的にはサイトの中身が勝負であるということは忘れないことが大切です。

関連記事>【商品選定】アフィリエイトは自分が良いと思う商品と報酬単価のバランスが大切です

【商品選定】アフィリエイトは自分が良いと思う商品と報酬単価のバランスが大切です

【案件選定】アフィリエイトは自分が良いと思う商品と報酬単価のバランスが大切です

2019年9月15日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です