minneで販売できるものって?【販売できないものも知っておきましょう】

minneで販売できるものって?【販売できないものも知っておきましょう】
Pocket

minne(ミンネ)って何?手作り作品を作れるならminneがおすすめな理由の中で、手作り作品が作れたりハンドメイドができる人にはminneがおすすめな理由を解説しました。

「minneって自分の作品も販売できるのかな?」と興味が出た方は、合わせてminneで販売できるものとできないものを押さえておく必要があります。

この記事ではその詳細についてまとめてみました。

minneで販売できるものとできないもの

minneで販売できるものとできないもの

minneで販売できるもの

minneでは、基本的に自分で手作りした作品やハンドメイドなら何でも出品できます。

「自分で作ったもの」とは以下のようなものを表します。

  • 一から作った作品(焼き物など)
  • 既存の部品やパーツを組み合わせた作品(アクセサリーなど)

つまり、市販されているチャームをチェーンに通しただけのネックレスですら販売することが可能です。

ただし、お店で購入したものをそのまま転売することや、他人が作ったものを無断で販売することはできません。

このようにminneではハンドメイド作品のみを扱っていますが、例外として「資材」だけはお店で買ったものをそのまま転売することが認められています。

また、他人が作ったものを委託を受けた場合に限り、販売することも可能です。

ですが、しっかりとしたビジネスで行っていく場合は、トラブルを避けるためにもきちんと決めごとをまとめておいて、別途契約書などを交わしておきましょう。

自分で制作したものでも販売できないものもある

自分で作ったものでも、商用利用を禁止されている素材や型・デザインを使って制作した作品や、版権に触れる作品は一切販売できません。

  • アニメキャラを勝手に描いた作品(著作権)
  • 作成キットで作った作品(版権)…etc

これらのものは仕上がり如何を問わず、著作権元や販売元が許可しない限りは販売することはできないので注意しましょう。

他にも購入した人がケガをしてしまうような作りのものや、ネット上での販売が禁止されているものも販売できません。

どういったものが販売できないのかはminneの規約を注意深く読めばわかりますが、通常そこまでしなくても一般的な常識やマナー・ルール・法律違反がないかどうかを考えて作品を制作すればほとんど問題ありません。

他人のデザインを故意に真似するような作品などもマナー違反となりますのでやめましょう。

「これって販売しても大丈夫なのかな?」とちょっとでも不安がある場合は、minneのお問い合わせフォームから問い合わせると親切に回答してくれます。出品者へのサポートは特に手厚い体勢が整ってますので、そういった疑問があれば快くサポートしてくれますよ。

出品できる商品は、各ハンクラサイト(ハンドメイドクラブ通信販売サイト)で違うこともあるので、minne以外のハンクラサイトで販売する場合も、出品して大丈夫なものやいけないものはガイドラインでしっかりと確認するようにしましょう。

minneでは食品の販売はできるのか

minneでは食品の販売はできるのか

ハンドメイド雑貨が中心だったminneに「食べ物」というカテゴリーが追加されました。つまり、現在minneでは食品を販売することも可能です。

しかし、食品販売に関しては人の体内に入るだけに色々と制約があるので注意が必要です。

  • 保健所の営業許可を取る
  • 食品衛生法に基づいて適法手続きを取る
  • 監督官庁から営業許可を取る

といった各種手続きが必要になりますので、食品の販売を検討している方はまずは最寄りの保健所に問い合わせてみましょう。

また、minneでは、食品を販売する前に食品販売申請をしなければいけません。申請する際は以下のいずれかの身分証明書が必要となります。

  • 住民票の写し:発行から6ヵ月以内のもの。マイナンバー・住民票コードの記載がないもの
  • 運転免許証:現住所の記載があるもの。裏面記載がある場合は表裏両面のアップロードが必要
  • 住民基本台帳カード:名前と現住所が記載されているもの
  • 各種健康保険証:住所欄の記載は必須。カード方式の保険証の場合は住所記載面のアップロードも必要
  • 旅券(パスポート):日本国内で発行のもの。所持人記入欄のアップロードも必要

まとめ

この記事では、minneで販売できるものとできないものの詳細について解説しました。

基本的には、人が作成したものを真似しないこと、プラモデルや作成キットなどを作成し販売しないこと、食品販売するなら各種許可申請を取ることなどが必要になります。

100円均一でパーツを購入し作成したり、自然の素材を利用して作成した純粋なハンドメイド作品ならminneの規約に触れることはまずありません。

不安なことがあれば運営に確認を取るなど、事前に対策しておけばトラブルに巻き込まれてしまうことはほとんどないでしょう。

販売して大丈夫なものと問題がありそうなものをきちんと判断して、minneでのハンドメイド販売を楽しく続けていきましょう!

・minne(ミンネ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です