ドロップシッピングのメリットデメリット【在庫仕入れ不要で楽しいです】

ドロップシッピングのメリットデメリット【在庫仕入れ不要で楽しいです】
Pocket

ネットショップの形態の1つにドロップシッピングという方法があります。

よりリスクを抑えて運営ができる特徴があり、副業の入り口として取り組む初心者も多いです。

今回はドロップシッピングのメリットとデメリット、種類についてまとめてみました。

ドロップシッピングで稼ぐ仕組み

ドロップシッピングで稼ぐ仕組み

よくアフィリエイトと混同されることが多いのですが、根本的に仕組みが違います。

  • アフィリエイト

企業の代わりに商品の告知、宣伝活動を行い、その成果に応じて報酬が支払われます。基本的に広告のお手伝いをするだけのビジネスということになります。

  • ドロップシッピング

実際に商品の販売を代行するビジネスでネットショップに近い形態です。

ドロップシッピングの基本的な流れは、DSP(ドロップシッピング・サービス・プロバイダ)と呼ばれるサイトに登録されている商品群の中から、自分で売りたい商品を探し出し、ブログなどで紹介して販売します。

売主となる自分は、その商品の販売価格を自由に決めることもでき、仕入れ額は決まっていますのでその差額が利益となるわけですね。

そのあたりの考え方は一般の小売店やネットショップと同じです。

ドロップシッピングの販売価格は自分で決められる

ドロップシッピングの一番の特徴は、自分で売値を決められる点です。

しかも仕入れ不要なため、ショップオーナーとしての醍醐味をノーリスクで味わうことができます。

ドロップシッピングの利益

売値から仕入れ値を差し引いたものが利益ですが、利益を多く得たいがために高く値付けをすると売れにくくなります。

逆に安すぎると売れ行きは良くなりますが利益が出なくなります。ちょうどよいバランスを見つけるためには、ある程度継続し慣れていくことが必要ですね。

商品選び

ネットショップオーナーが売りたい商品を仕入れるのと同じように、ドロップシッピングでも登録商品群の中から売りたい商品を選びます。

当然ネットショップと同様売れる商品を見極める力も必要になります。

ドロップシッピングのメリットとデメリット

ドロップシッピングのメリットとデメリット

ドロップシッピングは本格的なネットビジネスであるにも関わらず、非常に手軽に始めることができます。

狙ったターゲット層のアクセスを呼び込めさえすればデメリットらしい要素はほとんど見当たりません。しっかりと戦略を立てて運営していくには以下の点を押さえておきましょう。

ドロップシッピングのメリット

ドロップシッピングのメリット

メリット①:仕入れ不要、在庫不要

何と言っても仕入れ要らず、在庫を持たなくて良いというのがドロップシッピングの最大の魅力です。

これが大きなメリットだといえるでしょう。仕入れがないので不良在庫を抱える心配がなく、「販売」だけに力を入れることができます!

メリット②:販売価格を自由に設定できる

商品の販売価格を自由に設定できるのも魅力です。

高めに設定しておけば利益率が高くなりますし、低く設定して量を売るなどの戦略も練ることも可能。自由度が大きいので、ショップを経営しているということを実感しやすいですね。

メリット③:ブログで簡単にスタートできる

通常、本格的なネットショップを開業しようとすると、専用のシステムを導入したり、ショップデザインを決めたり、カートシステムやサーバーなどを用意したりと準備がたくさんです。

一方、ドロップシッピングならDSPが用意しているショップシステムをそのまま使うか、ブログを使って商品紹介するだけで簡単にスタートできます。

ドロップシッピングのデメリット

ドロップシッピングのデメリット

デメリット①:特商法の表記

代行とはいえ実際に販売行為を行うので、本来なら「特定商取引法に基づく表記」が必要です。

しかし、最近のDSPには「消費者とDSPの間で売買契約が成立」と規定するところが増えているので、表記する必要がない場合も多くなっています。登録しているDSPに確認してみましょう!

デメリット②:売れる商品の予測

売れると思っていたけどあまり売れない、逆にたまたま載せた商品が意外によく売れたということはドロップシッピングではよくある話です。

私も初めはこの点が苦労しましたが、実際に数をこなしていくことでユーザーが何を望んでいるのかを把握することができるようになっていきます。

何でも屋さんは避けましょう

何でも屋さんは避けましょう

ドロップシッピングは実際の在庫仕入れが不要なので、つい何でもかんでもショップに掲載したくなるものです。

ですが、ジャンルは何であれ、専門店を展開する方が信頼度もユーザーの反応率も格段に良くなります。

たくさんの商品に目移りするのもわかりますが、何でも屋さんにならないように注意が必要です!

ドロップシッピングの種類

ドロップシッピングの種類

ドロップシッピングの魅力は既存商品を売るのも、オリジナル商品を作って販売するのも自由な点です。

大きく分けて2種類のパターンがありますので、以下でご紹介します。

既存商品を販売するドロップシッピング

これが多くの人が副業として取り組んでいるドロップシッピングのパターンです。

  • サプライヤー(メーカー、商品提供者)から商品を探す
  • 売れる商品を見極め販売

在庫を持たないという点以外は、通常のネットショップと限りなく近いのがドロップシッピングです。

実際に仕入れなくとも、仕入れと同じ感覚で商品を探す楽しさがあり、好きなジャンル、興味のあるカテゴリに絞ってショップを展開することも可能です。

これなら本格的なネットショップは敷居が高いと感じている方でも、ショップオーナーとして副業ができますよね。

また、ショップ構築システムを無償提供してくれるDSPも有りますし、ブログだけでも気軽にショップをスタートできますので、とにかくすぐにネットショップを始めたい方、忙しくてあまり時間が取れない方にも向いてますよ。

オリジナル商品を販売するドロップシッピング

もうひとつは、オリジナル商品を販売するタイプのドロップシッピングです。

こちらはネットショップ運営の楽しみだけではなく、商品を生み出す楽しさまで体験することができます。

オリジナル商品とはいっても、何も一から商品を作り出すわけではありません。サプライヤーは無地の商品をDSPに提供していますので、あなたはそこへデザインを投稿してオリジナルの商品を作り上げます。

例えば、「無地のTシャツにオリジナルデザインしたプリント」をしてくれるサービスをイメージすると分かりやすいと思います。

デザインさえあなたが提案すれば、あとは流れにしたがって販売まで行うことができます。

オリジナル商品はプロに依頼もできるぞ

デザイナーの方でなくても、オリジナル商品は制作可能です。

自分でデザインできなくても、デザインできる人に依頼して作成することも可能ですし、ココナラで写真や文字のデザインを依頼して作ってもらえば、自分だけのオリジナル商品ができあがります。

ただし、著作権や利益配分が必要かどうかについては事前に相談しておきましょう。

オリジナル商品を販売する場合のフロー

オリジナル商品を販売する場合のフロー

ステップ①:オリジナルデザインを用意する

これが一番難しいところですね。

独創的であればとりあえず商品は成立しますが、問題はそのデザインが購入されるかどうかです。とっておきのアイデアやデザインがあれば、出し惜しみせずに挑戦してみましょう!

ココナラなら2000円~3000円でもデザインを受けてくれる方もたくさんいますよ。

ステップ②:DSPに登録してデザインを入稿する

オリジナル商品販売ができるDSPに登録し、考案したデザインを入稿してみましょう。

自分のデザインが反映された商品の合成画像をサンプルとして見ることができます。いろいろな商品にデザインを載せてみてイメージを掴んでいくことが大切ですよ。

ステップ③:作成したサンプルを審査に通して販売開始

納得のいくデザインの商品ができたら、そこからいよいよ販売を開始していきます。

入稿したデザインを審査するDSPもあり、審査が終了した時点で販売開始となります。

既製品を販売するDSPと同様、在庫を抱える心配が一切なく、発送などの雑務もありません。販売だけに専念して売り上げアップを目指しましょう!

オリジナル商品を販売する場合、デザインが売り上げを大きく左右する!

ドロップシッピングでオリジナル商品を販売

既製品とは違い、自分のデザイン力が売り上げを大きく左右します。

大量のアクセスを販売ページに呼び込めたとしても、商品のデザインに魅力がなければ売れません。

売り上げを伸ばしていくためには、自分でデザインした商品のファンを少しずつでも増やしていくことが大切です。オリジナル商品にこだわる方やデザイナー志望の方には、これほどやりがいのあるビジネスはないと言えるでしょう。

ドロップシッピングでは動画セールスも有効

ドロップシッピングでは動画セールスも有効

販売する商品を画像で紹介するのはもちろんですが、実際に使ったり、着用している様子を動画で紹介するとさらに効果的にアピールができます。

カメラはスマホを利用しても問題ありません。動画をパソコンに取り組んだらYouTubeにアカウントを作成し、動画のアップロードにも挑戦してみましょう。

ドロップシッピングのおすすめDSP

ドロップシッピングのおすすめDSP

ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)に比べてDSPの数はまだまだ少ないです。どこを利用するか迷うほどのものでもありません。

DSP選びのポイントは以下の通り。

  • 取り扱い商品点数が多い
  • 利用者が多い
  • システムやサービスの充実
  • ホームページ構築サービスが無料

こうした点を重視して、安心して使っていける大手のDSPを選んでいきましょう。

既存商品型DSP

卸の達人

卸の達人
  • ブログ紹介:可
  • 送料:全国一律700円

TV・ネットで話題の商品を卸していて、ポイントもたまる業界では珍しい仕入れサイトです。 1点から仕入れ可能なため、在庫負担なく販売可能。 また、購入者への直送も行っており、面倒な梱包・発送作業をすることなくサイト運営が楽です。

>>卸の達人

オリジナル商品型DSP

ClubT

  • ブログ紹介:可
  • アフィリエイト:可
  • 送料:540円

Tシャツなどのアパレル系のオリジナル商品作成に強い。そのほか雑貨やパソコン関連まで様々な商品を取り揃えています。

>>ClubT

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です