ネットショップのメリットとデメリット【副業レベルでも運営できるよ】

ネットショップのメリットとデメリット【副業レベルでも運営できるよ】
Pocket

ネットショップは、パソコンやスマホからインターネットを通じて買い物ができる、通信販売の形態の一つです。

WEBショップ、ネット通販、オンラインショップ、ECサイトなどともいわれます。

最近では副業として自分のネットショップを運営する人が増えてきていますが、果たしてどのようなところにメリットがあるのでしょうか?

今回はネットショップのメリットやデメリット、ショップの種類などについてまとめてみました。

誰でも自分のネットショップを持てるようになった

誰でも自分のネットショップを持てるようになった

ネットショップは、もともと大企業が自社商品の販売のために立ち上げたり、実店舗を持つ商業主がWEB上でも商品の販売をするために立ち上げることが多いですね。

ですが、現在では、

  • ショップ構築が簡単
  • 出店サービスの充実
  • 取り扱える商品が多様化

してきたため、個人でも気軽に取り組めるビジネスモデルとなりました。

また、それまでは自分が店を持つとなると店舗を借りて改装、仕入れ、陳列、販売、雇用とやることが多すぎる上に、多額の資金が必要な一大事業でした。

ところが、このネットショップというスタイルが身近になったことで、誰でも自分の店を持てるようになったのです。

ネットショップは気軽に出店できるぞ

ネットショップは気軽に出店できるぞ

インターネットの環境が整い、まさにいち個人が簡単にネットショップを持つことができるようになりました。

ただし、運営する以上はお金が絡むユーザー相手の商売をすることになりますので、プロ意識を持つことが大切です。

ネットショップで売りたいものがあるか

ネットショップで売りたいものがあるか

ただ何となくネットショップをやりたいと考えている人は少ないと思います。

まず何か売りたいものがあって、そのステージとしてネットショップを検討されているのではないでしょうか。

もし売りたいものの内容が明確でない場合は、まず売りたい商品やジャンルを明確にしておきましょう!

ネットショップのスタイル

ネットショップのスタイル

扱う商品のジャンルによって、ネットショップのスタイルも変わります。

どんなジャンルがどんなスタイルに向いているのか、既存のネットショップを見てみることで傾向を掴みましょう。

特に売れているネットショップのよい部分などはしっかり研究しておく必要があります。

ネットショップのメリットとデメリット【副業レベルでも運営できるよ】

ネットショップのメリットとデメリット【副業レベルでも運営できるよ】

ネットショップを作りさえすれば、ある程度は誰でも商品が売れるという時代もありましたが、現在ではしっかりとしたノウハウが必要です。

それだけ競争が激しくなってきているということですね。逆に言えば、競争が激化するほど魅力のあるビジネスだということでもあります。

リアルの実店舗では考えられない簡易なシステムが自慢のネットショップですが、繁盛店を維持するとなると、やはりそれなりの努力が必要です。

以下、ネットショップのメリットとデメリットをまとめました。

ネットショップのメリット

ネットショップのメリット

メリット①:超低予算でショップが持てる

ネットショップなら、BASEなどの無料の構築ツールを使えば誰でも自分でショップが完成してしまいます。

自前で営むにしても、仕入れやサーバー代など最低限の予算があれば、副業としてスタートすることは十分可能です。

メリット②:驚異的な低コストで24時間営業が可能

ネットショップは、もちろん24時間営業です。

しかし実店舗のように、寝る間を惜しんだりして1日中店に張り付く必要がありません。その分、仕入れや販売促進などに時間を使うことができます。

メリット③:ショップオーナーとして采配が自由

他のネット副業に比べて「自分の店」という感覚で運営できますので、ショップのデザインも、販売促進も、商品ラインナップも、すべて自分で考えて動かすことができるという醍醐味があります。

まさにショップオーナーとしての喜びを体感することができます。

ネットショップのデメリット

ネットショップのデメリット

実店舗と違い、新商品を並べるときには、

  • 素材の写真撮影
  • 商品タイトル
  • 出品説明文
  • 価格

など、サイトへの登録に手間がかかります。

また、注文メールの確認や問い合わせメールへの返信、入金確認、在庫確認、梱包して商品発送など、店が繁盛するにつれ雑務も非常に多くなります。

やはりネットショップは超低予算が最大のメリット

やはりネットショップは超低予算が最大のメリット

実店舗を運営する時の費用で一番大きな割合を占めるのが「人件費」です。

ネットショップの場合、実際に店を持つわけではありませんので、商品管理や店内のメンテナンスなど、最低限の人件費でまかなうことが可能です。

少なくとも、副業レベルでネットショップを運営するなら、オーナーである自分自身の人件費だけで十分運営可能でしょう。

ネットショップは楽しむための副業だぞ

ネットショップは楽しむための副業だぞ

当ブログでは多くのネット副業を紹介していますが、中でもネットショップは「楽しむために取り組める副業」とも言えるでしょう。

扱う商品も、

  • カメラ
  • 車のパーツ
  • ファッション
  • ご当地もの
  • ハンドメイド…etc

まさに自分が好きなことや興味のあること、得意なネタを扱って、夢を叶えるタイプのネット副業です。

ネットショップの種類

ネットショップの種類

副業として取り組むのであれば、あまり無理な展開はしない方が良いでしょう。

軌道に乗ってからできる展開もたくさんあります。目指すショップに合ったスタイルを選んで運営するようにしましょう。

以下、ネットショップの3つの種類をご紹介します。

ネットショップ①:ASP活用型

ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)が提供するネットショップ構築システムを使って、ネットショップを立ち上げる方法です。

ASPには有料から無償のものまでさまざまで、大きく分けて、

  • 自分のパソコンにインストールするソフト型
  • ASPのサイトにログインして使うWEB型

の2つのタイプがあります。

関連記事>ネットショップの始め方【ASP活用型なら即日簡単にオープンできます】

ネットショップの始め方【ASP活用型なら即日簡単にオープンできます】

ネットショップの始め方【ASP活用型なら即日簡単にオープンできます】

2019年9月9日

ネットショップ②:モール出店型

インターネットのショッピングモールも今や大小さまざまですが、やはり有名なのは

  • Yahoo!ショッピング
  • 楽天市場
  • Amazon

の3つでしょう。

こういった大手のショッピングモールにはショップ構築の管理画面が用意されていますので、非常に簡単にショップを構築することができます。

※ただし、Amazonのセラーセントラルだけは、ほとんどカスタマイズ性はありません

関連記事>ネットショップの始め方【モール出店型は集客の手間いらずです】

ネットショップの始め方【モール出店型は集客の手間いらずです】

ネットショップの始め方【モール出店型は集客の手間いらずです】

2019年9月9日

ネットショップ③:完全自前型ネットショップ

すべて自分で構築してしまうスタイルのネットショップです。

ホームページ制作の知識が必要になりますが、専門的な知識がなくても、「ホームページ制作ソフト」を使うことができればネットショップ構築は可能です。

ただし、すべて自分ですることになりますので、制作には膨大な時間がかかります。

それでも、こだわりのオリジナルデザインでショップを作りたい方には向いている方法です。

また、掲載写真点数にも制限がなく、説明文の文字数制限もありませんし、サイトの構成もすべて自由です。

最近のASP型のネットショップはすごい!

最近のASP型のネットショップはすごい!

作るのは簡単で、でもカスタマイズはやりにくい・・・

というのが従来のASP型ネットショップの特徴でしたが、最近はBASESTORES.jpなどショップに使えるテンプレートを数多く用意しているASPもあり、ネットショップの独自性も出せるようになってきました。

費用は高いがアクセスに強いモール型

費用は高いがアクセスに強いモール型

モールにはもともと膨大なアクセスがありますから、集客に困る事はありません。

ただし、ライバルが多いだけにうまく目立つことができなければ思うように集客できないこともありますし、出店費用や決済手数料など、あらゆる側面から利益を削られます。

薄利多売のスタイルには向いているでしょう。

本格派の自前型

本格派の自前型

ショップ運営の自由度に関してはピカイチの自前型。

ですが、その分集客も自分で行い工夫する必要があります。SEO、ネット広告、SNSなど、あらゆるところからアクセスを集める勉強が必要です。

とにかくネットショップを体験してみたい!

とにかくネットショップを体験してみたい!

ネットショップオーナーになるということは、実際の店舗と何ら変わらない心構えや責任が必要となります。

しかし、WEB上では簡単にあっさりと開店できてしまうのも事実です。

もっとも、しっかりとした成果を出すためには、

  • サービス品質の向上
  • 顧客満足度
  • 支払い方法の多様性
  • 商品品質の維持

など、実際の店舗と大差ない努力が必要となります。

ですが、「手軽に自分の店を持ちたい」というのであれば、まずはASP活用型ネットショップを使って開店してみましょう。

手続き通りに画像や説明文を登録するだけで、半自動的にショップが出来上がります。

ただし、デザインやサイト構成の自由度が低いものや、決められた範囲内でしか設定変更できないものが使いずらいと思う方はBASEが一番おすすめです。

ネットショップですぐに成果を出したい!

ネットショップですぐに成果を出したい!

あまり手間をかけずに、それでいてしっかりと成果を出したい場合はモール出店型のネットショップを選択するのが良いでしょう。

経験がなくても、モール運営者からの強力なサポートが期待できるので迷うことがありません。ショップ構築の段階から、さまざまなアドバイスをもらうことができます。

ショッピングモール自体が強力な集客力を持っているので、アクセスに困ることもないでしょう。

まさしく、繁盛している駅前商店街に店舗を構えるのと同様の効果が得られます。

ただし、費用面は要チェックです

ただし、費用面は要チェックです

モール出店には費用がかかります。

ショッピングモールによっても違いますが、初期費用と月額費用はともに数万円かかりますし、売り上げに応じて上納金も支払わなければいけません。テナント店と仕組みは同じですね。

また、モール出店には扱うジャンルに向き不向きがあることも知っておきましょう。

食材やコスメなどのリピーターが付きやすいジャンル、大量販売で安売りができるジャンル、アパレル関係など利益率の高いジャンルは大量のアクセスを活かせるジャンルと言えるでしょう。

【楽天市場へ出店を検討中なら資料請求できますよ】

関連記事>ネットショップ販売のノウハウ【ネット集客の方法を3つ紹介するよ】

ネットショップ販売のノウハウ【ネット集客の方法を3つ紹介するよ】

ネットショップ販売のノウハウ【ネット集客の方法を3つ紹介するよ】

2019年9月9日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です