クラウドワークスのメリットとデメリット【コンビニバイトよりおすすめです】

クラウドワークスのメリットとデメリット【おすすめな人の特徴】
Pocket

この記事では、クラウドワークスのメリットとデメリット、おすすめな人の特徴についてご紹介します。

副業初心者でこれから自分で稼いでいきたいと思う人は、何から始めてどうやって稼げばいいのか迷うし、そうして考える時間ばかりがかかって方針が定まらないという人もいますよね。

その悩みを簡単に解消できるのが「クラウドワークス」です。

クラウドワークスの稼ぎ方を知っているだけで、初心者でも簡単に副業が始められますので時間短縮にもなりますよ。

では、5つのパートに分けてそれぞれ解説します。

クラウドワークスとは?

クラウドワークスとは?

クラウドワークスは日本国内では登録者が最大のクラウドソーシングサービスです。

ユーザー数は約305万人、お仕事依頼数は約277万件、案件のカテゴリー数は200種類以上であらゆる仕事が見つかります。

仕事を頼みたい人にとっても最適なスキルを持った人や実績のある人材を探せて、必要なときに必要な分だけ依頼ができます。

また、仕事を受けたい人は自分のスキルや実績にあった仕事を選べて、時間や場所に囚われずに働けるのが人気のポイントとなっています。

クラウドワークスは東証一部上場の企業が運営していますので、報酬が確実に支払われ、健全な取引ができる体制が整っているのも安心して選ばれている理由です。

クラウドワークスのメリット

クラウドワークスのメリット

未経験でも受けられる案件が多い

クラウドワークスでは、他のクラウドソーシングサービスに比べて選べる案件数が多いのが特徴です。

経験者だけが優遇されるのではなく、登録したばかりの初心者でも受けられる案件が揃っているので、主婦や学生など特別なスキルがなくてもお仕事できるのが嬉しいですね。

案件数が多すぎるため探す大変さはありますが、良い発注者に巡り合うとその後何度もお仕事依頼をしてくれるようになるので、頑張れば頑張るほど月々の収入が安定しやすいというメリットがあります。

実績が増えるとスカウトされることも

クラウドワークスでは、案件をこなすごとに相手から評価される仕組みがあります。

実績を積めば積むほど評価が蓄積していきますので、信頼できる人を探している発注者から直接スカウトされることもあります。

確実に仕事してくれる人、高品質な記事が作成できる人など、クラウドワークスでは様々なニーズを持った発注者がいますので、まじめに仕事を続けていれば提案営業などをしなくても継続的にお仕事が入ってくるようになるのも嬉しいですよね。

仮払いで報酬の不払いがなく安心

クラウドソーシングでお仕事する場合、一番の目的はお金を稼ぐことだと思います。

クラウドワークスでは発注者からの報酬未払いを完全に無くすために、報酬の仮払い制度を採用しています。

つまり、発注者がいったんクラウドワークスへ報酬額を入金し、仮払いが確認できた時点で作業を開始できるエスクローシステムがあるので報酬の未払いを100%排除でき安心というわけですね。

このシステムがないと、悪質な発注者に当たってしまった場合、仕事をしっかり終えたにも関わらずお金がもらえないというリスクがあります。

クラウドワークスのデメリット

クラウドワークスのデメリット

仕事内容をしっかり打合せ

クラウドワークスでは案件数や発注者の数が多いのが最大のメリットですが、それだけ色々なタイプの人が依頼主となっている点に注意が必要です。

中にはお仕事を進める中で何度も修正依頼が入ったり、お仕事概要にはなかった内容を依頼されたりと、1つの仕事がなかなか完了しないという問題が発生するケースがあります。

そのため発注者との契約内容を事前にしっかり確認し、どこまで完成させると良いのかなど業務内容のすり合わせは綿密に行いましょう。

わからない点や不安なことがあればきちんと解消し、事前のコミュニケーションがスムーズかどうかも合わせてチェックしておくと安心ですよ。

専門知識がないと1案件の報酬が安め

クラウドワークスの案件の大半は報酬額が安めなものが多いです。

初心者にも取り組みやすい案件というのは、裏を返せばスキルが不要で簡単な案件であることが多いからですね。

一方で、1案件で数万円、数十万円を稼ぐためにはシステム開発やプログラミングなど特別なスキルがなければ難しいということになります。

よって、副業で取り組む場合には一攫千金を狙うのではなく、簡単な作業をコツコツ継続してトータルでまとまった資金を稼いでいくイメージがおすすめです。

クラウドワークスで稼ぐ方法

クラウドワークスで稼ぐ方法

テープ起こし

クラウドワークスでもよく見かける案件の1つがテープ起こしです。

実際にはテープではなくデジタル収録された音源ですが、そこで語られている内容を文字に変換していく作業がテープ起こしの仕事となります。

話し言葉をそのまま文字に起こす「素起こし」、話し言葉を文字として読めるように整形する「ケバ取り」、最終的に文章として違和感なく読めるようにする「整文」など、必要な作業に応じて単価が異なるのが特徴です。

詳細については【テープ起こし】文章力も不要で手軽な副業【稼ぐために知っておくべきこと】の中でも解説していますので、テープ起こしに興味がある方はご参照ください。

【テープ起こし】文章力も不要で手軽なバイト【稼ぐために知っておきたいこと】

【テープ起こし】文章力も不要で手軽な副業【稼ぐために知っておくべきこと】

2019年9月25日

データ入力

データ入力の仕事もクラウドワークスの中では多い案件の1つです。

アンケート調査の結果をまとめたり、通販商品のカタログデータの書き写し、Excelを使った数字データの入力など、すでにまとまったデータをひたすら入力していくという作業がメインとなります。

さほど考えることがなく、単純作業の繰り返しになりますのでやればやるほど収入になるところがメリットです。

大きく稼ぐことは難しいですが、文字単価は1字0.1円~0.5円前後ですので頑張って作業できる人ならコンビニバイトと同等の時給を稼ぐことができます。

記事制作

クラウドワークス初心者に最もおすすめなのが記事制作です。

記事制作とは、発注者が希望するジャンルの記事ネタを執筆することで稼ぐライティングの案件になります。

依頼案件の種類も多種多様で、「美容商品」や「ファッション関連」「転職経験」「副業」などを初めとしたさまざまな体験記事やレビューを執筆しますので、比較的クラウドソーシング初心者でも採用してもらいやすいという傾向があります。

文字単価はデータ入力よりも高いことが多く、1文字0.5円~1円ということで普通のアルバイトをするよりも在宅で効率よく稼ぐことが可能です。

クラウドワークスに登録した後は、まず初めに記事制作を中心にどのような案件があるのかをチェックしてみましょう。

webライターは地味に儲かる副業?【平均月収と初心者おすすめサイトを3つまとめました】の記事の中で、WEBライターで稼ぐ注意点や流れをまとめてますのであわせてお読みください。

webライターは地味に儲かる副業?【平均月収と初心者おすすめサイトを3つまとめました】

webライターは地味に儲かる副業?【平均月収と初心者おすすめサイトを3つまとめました】

2019年9月21日

クラウドワークスがおすすめな人の特徴

クラウドワークスがおすすめな人の特徴

クラウドワークスがおすすめな人の特徴は以下の通りです。

  • 副業をしたい会社員
  • スキルアップしたい学生
  • パートに出られない主婦

初心者でとにかく副業を始めてみたいと考えている人にこそクラウドワークスが向いています。

最初はどうしても低単価の案件がメインになると思いますが、慣れてくると評価が貯まってきたり、それを元に自分の価値をプロモーションすることで継続案件や高単価スカウトを受けることも可能になっていきます。

中にはクラウドワークスの完全在宅ワークのみで月収20万円を稼ぐ学生や主婦もいますので、コツコツとまじめに継続できる人にはチャレンジする価値があるのではないかと思います。

逆に、自宅でパソコンを使った地道な作業に抵抗がある人には向いていません。そういった方は普通のアルバイトをしましょう。

まとめ:クラウドワークスに登録してみましょう!

まとめ

この記事ではクラウドワークスのメリットやデメリット、おすすめな人の特徴についてご紹介しました。

初心者でどんな副業が良いか探している方は参考にしてくださいね。

クラウドワークスで様々な案件を受けていくと、ブログ記事を作成するスキルが身についたり、パソコン操作の方法も理解できるようになっていきます。

ぜひ自分なりの稼ぎ方やご自身のスキルや価値を磨き上げてみてください!

・無料でクラウドワークスに登録する

※初心者向けのクラウドソーシングサービスです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です