webライターは地味に儲かる副業?【平均月収と初心者おすすめサイトを3つまとめました】

webライターは地味に儲かる副業?【平均月収と初心者おすすめサイトを3つまとめました】
Pocket

webライターの仕事は、依頼者が特定のテーマ対する記事を書いてほしいと募集し、その内容のブログ記事を作成することで報酬を得る稼ぎ方です。

webライターはコツコツ記事を作り続けられる方なら、確実に稼ぐことができ地味に儲かる副業でもあります。

興味のある初心者のために、今回はwebライターの平均月収とおすすめの募集サイトを3つご紹介します!

webライターは地味に儲かる副業?【平均月収】

webライターは地味に儲かる副業?【平均月収】

まず見てもらいたいのがwebライターの平均月収です。

目安となる平均月収が公開されていて、その詳細は以下の通りです。

  • 平均月収:18万円
  • 平均年収:259万円

副業ではなく、専業で取り組んでいる方もたくさん含まれているので、多いか少ないかの判断は分かれるところですね。

ただし、当ブログでは副業としておすすめしていますので、現実的には初心者であれば「月収3万円」「年収40万円前後」を目指していくのがよろしいかと思います。

もちろん初めから月収3万円とはいかない人が多いと思いますが、1年ほどコツコツ継続してライティングスキルを身につけていけば、副業でも月収5万円以上は決して不可能ではありません。(むしろ実現可能性はかなり高めです)

webライターの副業で初心者が稼ぐためのコツ

webライターの副業で初心者が稼ぐためのコツ

webライターの報酬の決め方は『1文字あたり何円』という考え方をして、稼ぐためには、

  • 1文字当たりの単価が高い案件を選ぶ
  • 1文字当たりの単価を上げていく

という2つの視点がとても重要です。

初心者の方は、初めのうちは文章を書くためのスキルが備わっていないため、いかに『1文字当たりの単価が高い案件』を選んでいくかがシンプルに大切。

webライターで稼ぐために注意してほしいこと

webライターで稼ぐために注意してほしいこと

webライターで副業をする際、特に注意してほしいのが、「自分なんて文章もうまくないし、単価も安いけどこれくらいがちょうど良いな」という考えで、1文字0.5円や0.3円といった安い案件を選んではいけないということです。

発注案件の中には、1文字あたりの報酬が、

  • 1円
  • 0.7円
  • 0.5円
  • 0.3円
  • 0.1円

とさまざまなバリエーションがありますが、実際『0.5円~1円』の案件では求められるライティングスキルに大きな差はありません。

価格も発注者が感覚的につけている場合も多々ありますので、そのような案件があった場合はできるだけ報酬が高いものを選ぶようにしましょう。

1文字1円なら1000文字=1000円、10記事書けば10000円ですが、0.5円なら半分の5000円しか稼げません。効率よく稼ぐなら単価が重要です。

webライター初心者が副業で稼いでいく流れ【おすすめサイト3つ】

webライター初心者が副業で稼いでいく流れ【おすすめサイト3つ】

初心者がwebライターの副業で稼ぐ流れは以下の通りです。

  1. クラウドソーシング会社へ登録する
  2. 案件を請ける(実地訓練)
  3. 報酬単価の交渉をする

webライターにおすすめのサイト3つ

初心者が登録するべきクラウドソーシング会社はこの3つです。

  • クラウドワークス:業界最大手で案件数がとにかく多く、200以上のジャンルから選べます
  • サグーワークス:1文字1円の案件を探しやすく、ライティング試験に通るとプラチナライターとして稼ぐことも可能
  • Bizseek:手数料が業界最安級で、初めての方にも分かりやすいプラットフォーム

他にもいくつかwebライターとして仕事を請けられるサイトはありますが、まずは上記の3つがおすすめです。

迷った場合は業界最大手のクラウドワークスを選んでおけば間違いありません。

できるだけ効率よく高単価の案件を探していくなら、サグーワークスBizseekの2つも比較していくと条件が良い単価を探しやすくなると思います。

案件を請けてみる

案件探しのポイントは上記でもお伝えした通り、安すぎる単価のものを請けないということです。

ただし、まったくの初心者の場合、1文字1円単価の仕事は断られてしまうこともあります。

その場合は、とりあえず練習のつもりで0.5円前後の案件を請けるのもありですよ!

初回はwebライターの仕事の流れを掴むつもりで、単価度外視でやってみることも大切です。

報酬単価の交渉をする

ある程度webライターの仕事に慣れてきたら、今度は報酬単価の交渉をしてみましょう。

ここで「依頼者との関係が壊れたら嫌だな・・・」と気後れする必要はありませんよ。

報酬単価を上げるということは、あなたの価値を高めていくということになるからです。

一般募集されている案件は高くても1文字1円ですが、単価交渉して1.5円程度まで上げることを目標にしましょう。

1文字1円の案件を合計10000文字書いたら10000円ですが、1.5円の案件なら15000円です。はっきりいって慣れれば10000文字なんて楽に書ききれる水準で、副業でも本気でやれば50000文字程度なら達成できるでしょう。

その場合は月収で25000円も差が出てきますので。単価交渉はとても大事です!

まとめ:webライターはコツコツやれば初心者でも地味に儲かる副業です

まとめ:webライターはコツコツやれば初心者でも地味に儲かる副業です

webライターが儲かるか儲からないかの議論が色々されていますが、私は断然儲かる派だし、儲からないというのは間違いです。

ただし、

  • 文章を書くのが嫌い
  • コツコツ継続が苦手
  • 時間がない人

には向きません。稼げないと言っている人はたいていこうした人たちが多いですね。

副業として真剣に取り組める方なら、そもそも『時間がない』という言い訳はしませんし、webライターで安定的な収入を作るのはわりと実現可能性が高い方法だと思っています。

「文章が苦手」というのは私たち日本人なら99%が同じことを思っています。

まずは実践しながら文章を書く『型』を身につけて、覚えてきたらあとはひたすら実践を繰り返すだけで上達するはず!

失敗したとしても失うものはありませんので、ぜひ自信を持って挑戦してみましょう!

  • 初心者が登録するべき3つのサイト
  • クラウドワークス:業界最大手で案件数がとにかく多く、200以上のジャンルから選べます
  • サグーワークス:1文字1円の案件を探しやすく、ライティング試験に通るとプラチナライターとして稼ぐことも可能
  • Bizseek:手数料が業界最安級で、初めての方にも分かりやすいプラットフォーム

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です