【コスパ重視】プリンターインクの減りが早い?【節約して印刷する方法】

【コスパ重視】プリンターインクの減りが早い?【節約して印刷する方法】
Pocket

年賀状や写真印刷、仕事の書類や大学のレポートなど、プリンターを使用する機会も何かと多いですよね。

プリンター本体の価格は年々下がり、メーカーの上位モデルでも数年前の半値近くで買えることも多くなりました。

一方、その分インクコストが高くなり、コスパの悪さに悩む人も多いと思います。

今回はプリンターインクのコストを下げ、節約しながらコスパを良くするための方法をまとめてみました。

【コスパ重視】お金をかけずにプリンターインクを節約して印刷する方法

【コスパ重視】お金をかけずにプリンターインクを節約して印刷する方法

プリンターインクの節約はしたいけれど、なるべくお金をかけずにコスパを上げられる方法があれば良いですよね。

実はプリンターの設定自体を変えるだけでも、インクの消費量を減らすことが可能です。

以下、その方法をまとめてみました。

「モノクロ印刷モード」でプリンターインクの節約する

プリンターを利用する人の中には、書類がメインでほとんどカラー印刷をしない人も多いと思います。

そんな方は「モノクロ印刷モード」でコスパを改善しましょう。

  • 仕事の会議資料
  • 大学のレポート
  • お客さんへ配る簡易チラシ

こうした書類を作成するときは特にプリンターのカラー印刷で作る必要性がありません。

モノクロでもごく少量のカラーインクを消耗しながら印刷するプリンターが一般的ですが、この方法なら限りなく無駄なインク消費量を減らしてコスパを上げ、確実な節約プリントが可能です。

モノクロ印刷モードはプリンターメーカーによっても設定項目が異なりますが、

  • 白黒印刷
  • グレースケール印刷
  • モノクロ印刷

これらは基本的にモノクロ印刷を表していますので、一度手持ちプリンターの設定項目を確認しておきましょう。

「セーブモード」でプリンターインクの消費量を節約する

セーブモードはプリンターインクの消費量を抑えて印刷するという最もポピュラーな方法で、簡単にコスパを上げられる方法です。

現在ではプリンターに標準搭載されている機能で、以下の通り他にもメーカーによって様々な呼び方があります。

  • 節約モード
  • 高速印刷
  • ドラフトモード
  • エコノミー印刷

これらを1度設定するだけで、印刷に消費するプリンターインク量を手軽に節約することが可能です。

ただし、これらのモードを利用する場合、通常印刷に比べて文字が粗くなったり、グラデーションの表現力が落ちてしまったりと、誰かに見せたり提出する用には向きませんので注意が必要です。

自分ひとりが使う印刷物の場合に限り、積極的に活用していくのがコスパを上げるおすすめの方法です。

「電源のON/OFF」を無駄にしない

プリンターの電源をONした瞬間、中でインクカートリッジがガチャガチャ動く音が聞こえると思います。

実はその動作は中でインクが固まっていないかどうかのプリンターがチェックを行っている音で、ヘッドクリーニングも兼ねているため都度インクを消費しコスパを悪化させます。

1枚か2枚だけを細かく印刷にかけるのではなく、電源のON/OFFが最小限で済むよう、できれば複数枚をまとめて同時に印刷するのがプリンターのコスパ改善のポイントです。

【コスパ劇的改善】使用するプリンターインクを変えて大幅節約

【コスパ劇的改善】使用するインクを変えて大幅節約

上記3つの無料でできる方法でも一定の節約効果はありますが、そもそも根本的にプリンターに使うインク代を節約できれば一番のコスパ改善になります。

そういうときは、

  • リサイクルインク
  • 互換インク
  • 汎用インク

などを上手に利用していきましょう。

純正のプリンターインクの価格に比べて半額、または3分の2程度で済むため、インク代自体を安くしたいという方には一番手っ取り早い方法です。

ただし、純正ではないプリンターインクを利用する場合、印刷品質の低下、滲みやすくなるなどといったリスクもありますので注意が必要です。

一方、誰かに渡したり提出するものではなく、自分自身の保存用として印刷するものであれば劇的にコスパよくプリンターを利用することができます。

インク革命.COMなら1年間返品交換保証、毎日発送(19時以降注文分は翌日発送)で、純正のプリンターインクと大差ない印刷品質ですので私もよく利用していますよ。

インク革命.COM

運営会社:株式会社シー・コネクト
発送スピード:365日19時までの注文は即日発送
商品保証:1年間(初回限定で全額返金保証付き)

長い目で見るならプリンターインク節約ソフトも検討しよう

長い目で見るならプリンターインク節約ソフトも検討しよう

プリンター印刷が多いという方は、長い目で見てコスパが改善できる「プリンターインク節約ソフト」を検討してみてください。

この節約ソフトをパソコンにインストールすると、印刷に使用するプリンターインク量を自動で調整しカラーインクの無駄遣いをカットしてくれるという優れものです。

最初の3000円ちょっとの投資は必要ですが、一度導入すると半永久的に使用できるので、後々プリンターのコスパ改善に大きく貢献してくれます。

価格的には純正の4色インクセットを買うくらいの値段ですが、印刷回数や印刷量がとても多いという方には必ず元が取れるのでおすすめですよ!

ちなみにプリンターでA4カラーを月間30枚ほど印刷すると、目安としては年間で25000円~30000円分のインク代を節約することが可能です。

InkSaver6(インクセーバー6)ダウンロード版

動作環境:Windows10/8.1/8/7(64ビット/32ビット)
対応プリンター:国内全てのインクジェットプリンター(インクジェット複合機)に対応

さいごに:無料でできるプリンターインク節約術【簡単だけど効果的!】

さいごに:無料でできるインク節約術【簡単だけど効果的!】

以上がプリンターインクのコスパを上げ、節約するための方法ですが、最後に1つ、こんな方法でもインクのコスパを良くすることができますよ。

その方法とは、、

「とりあえずインクを5秒振ってみる」

という方法です。

「え?」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、プリンターがインク切れサインを発してからも実はもうちょっとだけ印刷し続けることが可能なのです。

日本の大手プリンターメーカー3社である「キャノン」「エプソン」「ブラザー」では、インク切れサインが出たときの残量はなんと平均「約18%」も残っているというデータが出ています。(参照:PCtipp.ch)

つまり、プリンターに交換サインが出たからといってすぐに交換してしまうのはとてももったいないことなんです。

なので、プリンターにサインが出たタイミングでは一度インクを本体から取り出し、5秒間の間少し上下左右に振ってみて下さい。

もちろんこれは応急処置的な方法ですのでいつまでも使うことはできませんが、急場しのぎには使えるコスパ改善の方法ですのでぜひ試してみて下さいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です