一人暮らし世帯の平均貯蓄額【単身でこれだけ貯金できてますか?】

一人暮らし世帯の平均貯蓄額【単身でこれだけ貯金できてますか?】
Pocket

今回は一人暮らし世帯の平均貯蓄額についてまとめてみました。

高校卒業後の大学生活、大学を卒業した後の一人暮らしなど、単身生活をしている人も多いですよね。

実際に一人暮らしをしてみると、実家暮らしではわからなかった様々な出費があることに気づいたと思います。

中には一人暮らしでなかなか貯金ができていないという方も多いのではないでしょうか?

まずは他の一人暮らし世帯の人がどれくらい貯金できてるのか、他人と比較して自分の貯金額がどうなのかを目安としてチェックしておきましょう。

一人暮らし世帯の平均貯蓄額【20代でも平均128万円貯金してます】

一人暮らし世帯の平均貯蓄額【20代でも平均128万円貯金してます】

まず各年代別の平均貯蓄額を見てみましょう。

  • 20代:128万円
  • 30代:317万円
  • 40代:657万円
  • 50代:1043万円
  • 60代:1613万円

出典:家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](平成19年以降)

20代の貯金額もなんと128万円と100万円を超えているという調査データが出ています。

以後、30代、40代と年代を重ねるごとにほぼ倍で増加していき、50代では1000万円を超える資産を貯金できている世帯が多いのがわかりますね。

ただ、60代では退職金が入ってくるので資産額平均が1613万円と一気に増加する傾向があるものの、年金2000万円不足問題が露呈しましたので、残り400万円を現役世代の時点で増やしておく必要があります。

金融資産で貯蓄する目的とは?【上位7位】

金融資産で貯蓄する目的とは?【上位7位】

上記の平均貯蓄額のうち、なぜこれほどまでに貯金をするのかそれには共通する理由があることも分かっています。

金融資産を貯蓄する目的で多かった理由トップ7が以下の通りです。

金融資産を貯蓄する目的で多かった理由トップ7

出典:家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](平成19年以降)

  • 1位:老後の生活資金(55.1%)
  • 2位:病気や不時の災害への備え(50.0%)
  • 3位:特に目的はないが、金融資産を保有していれば安心(27.7%)
  • 4位:旅行、レジャーの資金(22.8%)
  • 5位:耐久消費財の購入資金(11.0%)
  • 6位:住宅の取得、または増改築などの資金(7.0%)
  • 7位:こどもの教育資金(1.2%)

若い世代にはあまり実感がないかもしれませんが、比較的中年層(40代~50代)の人たちにとっては「老後の生活資金」を確保するために貯金している人が多く、一方で20代の若い世代では「特に目的はないが安心だから」という理由で貯金する人が多いという結果になりました。

若年層で貯金をしている人は、現在の生活は問題なく送ることができていても、漠然とお金に関する不安を持っているという傾向があることがわかりますね。

一人暮らしでも月収の10%は貯蓄に回すのが理想です

一人暮らしでも月収の10%は貯蓄に回すのが理想です

上記のデータからも分かる通り、一人暮らし世帯でも将来のために貯蓄しておくことは大切です。

そして、表題の通り「月収の10%」を貯蓄に回すことをおすすめしますが、なぜ10%なのかというと以下のデータが出ていることが根拠となります。

給料に対する平均貯蓄の割合(一人暮らし世帯)

  • 20代:15%
  • 30代:14%
  • 40代:13%
  • 50代:11%

20代であれば平均月収が25万円ですので、その10%の25000円を月々貯金できれば年間で30万円、10年継続すれば単純計算で300万円貯金できるということになります。

そうはいっても、車や家など大きな買い物があったり、結婚したり、子どもができたりと何かとイベントごとが多いのも20代の特徴ですよね。

限りある収入の中から貯金をするのも大切ですが、どうしても難しいという方は副業で資金を増やすという方法も考えてみましょう。

一人暮らし世帯でも貯金するための方法【収入自体をアップさせましょう】

一人暮らし世帯でも貯金するための方法【収入自体をアップさせましょう】

当ブログでは副業に関する情報を様々取り扱っていますが、中でも、

  • 特別な知識不要
  • 簡単ですぐに実践できる
  • 月収3万円前後の確保

これらができるおすすめの方法が、「ポイントサイト」を活用するというものです。

ポイントサイトで稼ぐ方法は以下の通りです。

  • メール受信で稼ぐ
  • 資料請求で稼ぐ
  • ポイントサイト経由でお買い物をする
  • 無料のクレジット作成で稼ぐ

などなど、こうした稼ぎ方を知っているだけでも年収換算で30万円以上もの差が出てきますよ。

始めるのに特別な費用は一切かからず実践できますし、稼げる案件数が多いポイントサイトを複数活用すれば、月収で10万円稼ぐという方もたくさんいらっしゃいます。

詳しくはこちらでも解説していますので、より具体的な稼ぐ方法を知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

関連記事>【ポイ活初心者】ポイントサイトのメリットから稼ぐコツまでのまとめ

【ポイ活初心者】ポイントサイトのメリットから稼ぐコツまでのまとめ

【ポイ活初心者】ポイントサイトのメリットから稼ぐコツまでのまとめ

2019年9月6日

まとめ:一人暮らしでも貯蓄額を増やし貯金することはできます

まとめ:一人暮らしでも貯蓄額を増やし貯金することはできます

平均貯蓄額のデータを見ていかがでしたか?

平均額を大幅に上回っている人は、ぜひその調子でどんどん貯金を増やしていきましょう。

一方で、貯金が思うようにできていないという人もかなり多いのではないでしょうか。

そんなときは上記で紹介したポイントサイトで稼ぐコツをぜひ参考にしていただき、収入源を増やすことができればより安心な生活が手に入るはずですよ。

当ブログではポイントサイト以外にも様々な副業を紹介していますが、中でもポイントサイトが一番副業初心者向けで簡単ですので、まずは月収1万円を目指して取り組んでみましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です