ネットショップの始め方【モール出店型は集客の手間いらずです】

ネットショップの始め方【モール出店型は集客の手間いらずです】
Pocket

副業の域を超えて、もはや本業レベルで稼ぐ人も多いネットショップ。

その代名詞ともいえるのが「Amazon」や「楽天市場」などを活用したモール出店型ビジネスです。

今回は、このモールを活かしてネットショップを開くポイントについてご紹介します。

【ネットショップ】モール出店型は集客力と出店料がすべてのポイント

モール出店型は集客力と出店料がすべてのポイント

まず、どこのモールに出店するかを決めなければいけません。

個人が出店できる大手のモールは以下の通り。

  • Yahoo!ショッピング
  • 楽天市場
  • Amazon

これら以外にも大小さまざまなネットショッピングモールがあります。

モール出店型を選ぶメリットは集客力にあり

モール出店型を選ぶメリットは集客力にあり

注意しなければいけないのは、何のためにモールに出店するかということです。

考えられるのは、

  • モールの集客力を活かして販売する
  • モールの看板力でショップの信頼度を上げる

といったところでしょう。

そう考えると、出店料が安いからという理由で、小規模なモールに出店する意味はあまりありません。

そうしたところだとたいてい集客もできず、信頼度も上がりませんので、逆に無駄な経費を払っていることになります。

ネットショップ形態の中からモール出店を選ぶのであれば、その目的に合ったモールを選ぶようにしましょう。

【ネットショップ】モール型出店の前に行う契約手続き

モール型出店の前に行う契約手続き

自分のネットショップをモールへ出店する際に必要となる契約手続きは以下の通りです。

運送会社との契約

ショッピングモールへ出店する場合、多くのアクセスが見込めるため、最初から運送会社を頻繁に利用する機会も出てきます。

継続的にネットショップを続けるのであれば、最初から運送会社と契約しておいた方がメリットが大きいです。

振込先銀行口座を用意

個人の銀行口座でも構いませんが、購入者の信頼を得るためにも専用の銀行口座を開設するのがベターです。

モールとの契約

モールとの契約

上記の手続きと並行してモールへの出店契約を進めましょう。

ただし、書類送付のやりとりが必要ですので少し時間がかかります。予め必要期間をチェックしておくことも大切です。

モールとの契約が済んだら、管理画面にログインして出店作業を進めます。

画面の指示に従って入力作業を進めていけばショップが完成しますよ。

モールには専属アドバイザーがいる

モールには専属アドバイザーがいる

大手のモールでは、あなたのネットショップに専属アドバイザーがついてくれて、いろいろと指導してくれます。

モール内でのメルマガ読者の増やし方や、モール内での目立ち方などが主な指導内容ですが、オーナーからの質問にも丁寧に答えてくれますので、特に初心者ショップオーナーにはありがたい仕組みですね。

また、モールへの出店は費用がかかり、気軽におすすめはできませんが、まずは資料請求などで検討してみることは視野が広がる良いきっかけになります。

モール出店型を考えているのであれば、遠慮なく資料請求していろいろ調べてみましょう。

【楽天市場の出店資料請求はこちらでもできます】

関連記事>ネットショップのメリットとデメリット【副業レベルでも運営できるよ】

ネットショップのメリットとデメリット【副業レベルでも運営できるよ】

ネットショップのメリットとデメリット【副業レベルでも運営できるよ】

2019年9月9日

下記記事では個人がメーカーから商品を仕入れる実践的な方法をかなり具体的にまとめています。興味がある方は合わせてご参照ください。

関連記事>個人でメーカー仕入れするメリットとデメリット【交渉の方法まで紹介します】

個人でメーカー仕入れするメリットとデメリット【交渉の方法まで紹介します】

個人でメーカー仕入れするメリットとデメリット【交渉の方法まで紹介します】

2019年9月16日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です